花粉症による敏感肌の改善法

つらい花粉症の時期になると、顔が痒くなったり湿疹やニキビが出るなどの肌トラブルが増え、敏感肌の人はいつも以上にスキンケアについて悩むことが多くなるでしょう。
花粉を追い出そうと体内の免疫が過剰に反応を起こしてしまうことによって症状が出てくるのですが、通常の健康な肌の人は肌自身が備え持っているバリア機能が正常に働くことで、他からの刺激をまともに受けることはありません。
しかし乾燥肌で洗顔後にスキンケアをつけていないとつっぱっている人、熱いお湯で洗顔をしていたり洗顔時間が長い人などは、皮膚が必要とする水分量がなく、乾燥が進んでしまう事で肌が刺激を受けやすい状態になります。ですから花粉の時期などには特に低刺激性の化粧品を使って肌を守りながらこの時期を乗り越えなければなりません。

 

具体的なお手入れの方法としては、油分は花粉が付きやすくなるのでなるべく油性ベースのファンデーションは使わないようにしましょう。そして家に帰ったらすぐにメイクを落とすように心がけましょう。やはり花粉が長く顔についていると痒みの原因が増したり肌荒れの原因になります。洗顔する際にはぬるま湯で必要な油分を落とすことがないように泡で包むようにそっと洗います。
化粧水は消炎作用がある成分の化粧水をたっぷり使うことで花粉の刺激を緩和してくれます。最後に肌の回復を早めバリア機能を回復させるために保湿も忘れずにおこないましょう。その際には皮膚の再生を促す成分が入った保湿剤の使用をおすすめします。花粉の時期特に敏感肌の場合は意識したお手入れを心がけましょう。

 

敏感肌 基礎化粧品