乳液を使うと肌荒れします。理由は?そもそも乳液は必要ですか?

肌が乾燥するので乳液を使い始めたら、肌が荒れるようになりました。
化粧水をつけたところまでは調子がいいのに、乳液をつけると赤くなったりかゆくなったりします。
いくつか試してみましたが、だいたいこんな感じです。
乳液が合わない肌なのでしょうか?こんな肌でも合う乳液はありますか?
というかそもそも乳液は必要なのでしょうか?

乳液で肌荒れするのは、乳液に入っている界面活性剤に反応しているのかも。

乳液やクリームには、水と油を混ぜる(=乳化させる)ための「界面活性剤」が配合されています。
「界面活性剤」自体は昔から広く使われてきたもので、化粧品はもちろんのこと、アイスやマヨネーズなどの食品でも、水と油を混ぜるときには必ず必要となる成分です。

 

クレンジング剤や洗顔料では、「皮脂を取りすぎてバリア機能を壊す」など、しばしば問題になる界面活性剤ですが、「洗う」ことを目的としていない乳液やクリームには、本当に必要な最低限の量しか入っていないので、肌を荒らすことはないはずです。

 

では、なぜ荒れるのか?

 

乳液もクリームも水分と油分が合わさったものですが、とりわけ乳液はクリームよりも水分が多いため、その分、水と油を混ぜる界面活性剤を多く必要とします。健康な肌なら問題はなくても、肌が弱い、皮ふが薄い、アトピー肌、敏感肌の人には刺激が強すぎて、肌荒れの原因になることがあるのです。

解決策は?

乳液をつければ肌荒れするけど、つけなければ乾燥する・・・そんなジレンマを抱えた方に、解決策をご紹介します。

植物由来の界面活性剤が使われている乳液を使う

界面活性剤にはたくさんの種類があり、その強さもさまざまです。
もちろん、「洗うこと」を目的としていない乳液やクリームには、配合されている界面活性剤の肌への影響もごくわずか。しかしそれでも、その化粧品への配合量や強さによっては、刺激が強すぎると感じる人もいます。

 

その点、一般的なものに比べて植物由来の界面活性剤は、肌への影響がより少ないといわれています。
「もしかして界面活性剤が肌荒れの原因かも?」と感じた人は、植物由来のものに切り替えることで、肌荒れが解消できることも。一度試してみてはいかがでしょうか。